首と、顔のたるみの関係について

顔のたるみと密接な関係がありながら、意外と見過ごされがちなのが「首」です。

 

「頭皮がたるむと、頭皮が下にさがってしまう分、顔にたるみが出るのは分かるけど、
首は関係ないでしょう?」と思われるかもしれません。

 

しかし実はそうではないんですよ。首の状態と顔のたるみは、密接な関係があるのです。

 

首と顔のたるみの関係とは?

まず、結論から言うと、
「首の皮膚に少々たるみやしわができても、
その程度の重みで、顔に深刻なたるみの状態が出るというわけではない」

 

というのは事実です。

 

ですから「首の皮膚と顔の肌の関係」というのは、
「頭皮と顔の肌の関係」ほどには密接ではない、ということですね。

 

では、いったい、首のどういう部分が、顔のたるみと関係してくるのかというと・・・

 

ズバリ、筋肉です。

 

首の側面には、フェイスラインの状態を大きく左右する筋肉があるんですよ。

 

ごくごく簡単に言うと、
「首の筋肉がカチコチで固まっていると、
その分、フェイスラインが筋肉ごと下に引っぱられて、たるみが出てしまう」

 

ということなんです。

 

そう、首というのは、肌レベルよりも、むしろその奥にある筋肉のレベルで、
顔のたるみの発生に大きな影響を与える、というわけなんですよ。

 

こんな首の人が顔のたるみを引き起こしやすい!

では、どんな人が、首の筋肉から影響を受ける顔のたるみ」を発生させやすいのかというと・・・

 

まず、「首がガチガチになっている」という自覚症状がある人は、ほぼ間違いなく、
首の筋肉も固まって弾力を失った状態になっている、と考えて間違いありません。

 

症状のひどい人になると、首の側面を上から下にこぶしでさするようにこすっただけで、
痛みを感じることもあります。

 

また「首がガチガチ」という自覚がなくても、
「パソコンなどの電子画面を見ている時間が長い」
「うつむいた姿勢で仕事や家事などの作業を擦る時間が長い」

 

などという人も、首の筋肉が硬直している可能性が高いですよ。

 

特に女性の場合は、元々、男性に比べて首の筋肉の量が少ないので
「少ない筋肉に大きな負担がかかりやすく、その分、首の筋肉が緊張と疲労で硬直しやすい」
という状態にあります。

 

首の筋肉をほぐせば顔もほぐれる!?

というわけで、「首の筋肉の硬直が、顔にたるみの悪影響を与えているかもしれない」という状態の人は、
マッサージなどで首を適切にほぐしてあげる必要があります。

 

首をほぐせば、血液やリンパの流れも良くなり、首の筋肉も「じゅうぶんな酸素と栄養をもらって、
老廃物の排出もスムーズにできる」という状態になるため、失った弾力を取り戻すことができるのです。

 

そして、首をしっかりほぐして血液やリンパの流れがスムーズになれば、首よりも上の位置にある、
顔や頭においても、血液・リンパの流れが良くなることにもつながります。

 

ですから、「首の筋肉の状態を、いい状態に保つ」ということは、
単に、引っぱりによるたるみを軽減するだけでなく、
循環の面でもたるみ改善が期待できる、というわけなんですよ。

 

ですから顔のたるみ改善を目指すなら、首のケアもぜひしっかりやっておきたいところです。