紫外線と、顔のたるみの関係について

紫外線の悪影響と言えば、あなたは何を思い浮かべますか?

 

「日焼けして黒くなる」「シミになる」などと言ったイメージが強いでしょうが、
紫外線の悪影響というのはそれだけでは終わりません。

 

紫外線の悪影響というのは、メラニンがどうのこうの、というレベルで済むものではなく、
実はたるみやシワなども引き起こしてしまう可能性があるのです。

 

なぜ、紫外線で顔がたるむのか?

では、なぜ、紫外線でシミだけでなく、たるみやシワまで引き起こしてしまう可能性があるのかというと・・・

 

ざっくり簡単に言ってしまうと、紫外線の害が、肌繊維を変性・破壊してしまうからです。
そのメカニズムをもう少し詳しく説明しましょう。

 

基本的に、外から受ける紫外線の害からは、肌で作られるメラニンが、何とか守ろうとしてくれます。
日に当たると日焼けするのは、「紫外線から肌を守ろう」と思って、
メラニンが肌をガードしようと働いてくれているからなんですよね。

 

ですが、ほとんどの人は、メラニンと角質だけで紫外線の害から完全に肌を守ることはできません。

 

たとえばあなたも「子供のころ、日焼け止めをつけずに海水浴に行ってしまい、肌が赤くなって、
ヒリヒリして困ったことがある」という経験をしたことが、一度はあるのではないでしょうか?

 

あの赤み・ヒリヒリこそが「メラニンで守りきれなかった紫外線の害を肌が受けて、
炎症を起こしてしまっている」という状態なんですよ。

 

で、メラニンでガードしきれなかった紫外線の害が肌に到達するとどうなるかというと・・・
コラーゲンやエラスチンなどの、肌繊維を形成している成分を変質・破壊してしまうんです。

 

肌繊維は、肌の弾力を保つために欠かせない存在。これが破壊されることで肌が弾力を失い、
伸びきったりくぼんだりして、たるみ・シワを作り出してしまう、というわけなのです。

 

活性酸素による老化も怖い!

紫外線による害は、肌繊維の変性と破壊だけではありません。

 

紫外線の影響を受けると、それだけで活性酸素が大量に発生してしまいます。

 

活性酸素というのは、細胞を酸化させ、老化スピードを早めてしまう存在。
だからこそ、無防備に紫外線を受けて肌に大量に活性酸素が発生すると、
「活性酸素による肌の老化」という点でも、たるみが発生しやすくなる、というわけですね。

 

昔よりも強くなっている、紫外線の害

「紫外線が肌の老化につながる理由は何となくわかったけど、
昔は日光浴が推奨されていた時代もあったのでは?」と、疑問に思う人も居るかもしれませんね。

 

そのとおり。昔は、「骨の強化に欠かせないビタミンDの体内生成をするためには、
日光に当たることが必要」と言われ、ある程度の日光浴は推奨されていました。

 

昔の母子手帳には、赤ちゃんを日光浴させることを推奨する趣旨の記述がありましたし、
骨折入院している患者を、病院の屋上で日光浴させたりすることも多かったですからね。

 

ですが、昔と今とでは、紫外線の害のレベルが違うのです。ここ数十年のオゾン層の破壊によって、
紫外線による肌への悪影響は非常に大きなものとなりました。

 

また、日光で体内のビタミンDを形成するのも
「手先や足先に10分程度、日があたるくらいでも、じゅうぶんOK」
ということが分かってきたのです。

 

そのため今では母子手帳にも、日光浴を推奨するような記述はいっさいありません。

 

今の紫外線は、たるみやシワ・シミの原因となるだけではなく、
下手をすれば皮膚がんの引き金にもなりかねない、恐ろしい存在です。

 

たるみ予防という観点だけでなく、それ以前の問題として「健康を守るため」に、
紫外線対策をすることは必須なんですよ。