ストレス解消法

過度なストレスというのは、活性酸素を大量発生させたり、
自律神経を乱したり、ホルモンバランスを崩したり、血管を収縮させたりと、
ありとあらゆる面から、肌細胞に対して悪いことをしてきます。

 

まさに、「たるみ製造機」と言ってもいいくらい、やっかいな存在。
そんなストレスをうまく消化・発散するためのおすすめノウハウをいくつかご紹介しましょう!

 

お風呂でひと工夫!ストレス軽減効果アップ法

湯船につかってリラックスする入浴タイムは、ストレスを軽減するための大きなチャンス。

 

ただゆっくりと、ぬるめのお湯に体を預けているだけでもリラックス効果はそれなりに得られますし、
さらに、好きな香りの精油を湯船に入れて、アロマ効果を楽しみながら入浴すれば
リラックス効果倍増なのですが、せっかくですから、もう少し、他の工夫もしてみましょう。

 

まずやってみたいのが、
「頼める家族が居れば、湯船につかっている間、浴室の電気を消してもらう」という方法です。

 

暗い空間で温かいお湯に揺られている、というのは、
目からよけいな情報が入ってこないだけに、リラックス効果が高まりやすいのです。

 

また、お風呂でのひと工夫と言えば、ストレスが溜まりに溜まった日は、ちょっとぜいたくに、
あえて「人が入ったらあふれてしまうほどの、たっぷりの湯」を入れるのがおすすめです。

 

もちろん、そんな状態で湯船につかるとお湯があふれて流れますが、それでいいんです。

 

「お湯と一緒にストレスも流す」というイメージで、あふれる湯を見つめていると、
これまた意外とリラックス効果が高まるものなんですよ。ぜひお試しあれ!

 

足指パッドを使ってみよう!

自宅できる、手間いらずのストレス対策法としておすすめなのが、
「お風呂からあがったあと、足の指の間を広げる『足指パッド』をはめる」という方法です。

 

なぜ、こんなのがストレス対策になるのかというと・・・
日中は、足の指というのは、靴にギューッと締め付けられている状態ですよね。

 

それを足指パッドで開いて、開放感を持たせることによって、
リフレッシュ効果によるストレス軽減が見込めるのです。

 

足指パッドをはめながら、テレビでも見てリラックスしていればOK。
たった10分ほどつけるだけでも、足先と気分がスッキリしてくるのが実感できますよ。

 

溜まったストレスを、外に出そう!

何らかの手段で、溜まったストレスを外に出す、というのは、ストレス発散の手段として非常に有効です。

 

溜まったストレスを外に出す方法としては、以下のような方法がありますよ。

 

〇ひとりカラオケに行って、歌うより前に、まず、日ごろ溜まったストレスを大声で叫ぶ。

 

〇やわらかく大きなクッションを用意し、ストレスをそのクッションにぶつけるようにイメージして、
遠慮なくパンチやキックをする。

 

〇メモ用紙にストレスを思いつくまま書き出し、
書ききったらとことんビリビリに破いて、勢いよくゴミ箱に捨てる。

 

いずれも、やってみると意外とスッとする方法ですのでおすすめ!
特に、メモにストレスを書く、というのは、うるさくないし目立たないので、
もっともやりやすい、おすすめの方法ですよ。