ストレスと顔のたるみの関係について

 

ストレスは、あらゆる健康被害の元凶になることで知られていますが、
実はこのストレスは、たるみの発生リスクをも大きく左右します。

 

ストレスと顔のたるみにどんな関係があるのか、その点についてご説明しましょう。

 

ストレスが顔のたるみの原因となる理由は?

ストレスがなぜ、顔のたるみ発生リスクに大きく関係しているのかというと・・・

 

以下のような理由があるからです。

 

〇ストレスによる活性酸素発生で、肌細胞が老化する。
〇自律神経の働きが乱れて、肌の新陳代謝を損ねてしまう。
〇ホルモンバランスの分泌にも悪影響を及ぼし、
きれいな肌を作るための女性ホルモンの分泌を減らしてしまう。

 

〇血管を収縮させて血行不良を引き起こし、
その結果、肌細胞がじゅうぶんな酸素と栄養を血液からもらえなくなってしまう。

 

・・・いかがでしょうか。

 

ストレスというのはまさに「これでもか」というほど、
多方面から肌に悪影響を与えてしまう存在である、ということが分かりますね。

 

ストレスを受けずに生活するのは不可能

というわけで、

 

ストレスというのは顔のたるみの発生の原因ともなってしまうやっかいな存在なのですが、
かと言って、社会の中で生活をするにあたって、ストレスをまったく受けず・感じずに過ごしていく、
というのは、まず不可能です。

 

また、「ストレスが体に悪い」というのは、あくまで「過度なストレスを受けている場合」であって、
「適度なストレス」であれば、むしろそれは生活にメリハリをつける、
いい刺激になってくれる存在でもあるのです。

 

仮に、ほとんどストレスを受けない生活をしたとしても、
それはそれであまりにも刺激がないため脳からどんどん衰えて、老化を早める可能性もあるんですよ。

 

ですからまず「ストレスを受けずに生活するのは現実的に無理だし、
適度なストレスの範囲であれば問題ない」ということを理解して、
「適度の範囲を超えた、過度のストレスの分だけを消化・発散していけばOK」と考えましょう。

 

つまり、ストレス消化・発散のノウハウをやってみるにしても、
すべてのストレスをそれで消化・発散させなくてもいい、ということです。

 

「何が何でもストレスを徹底的に解消しなければ!」と意気込むのではなく、
「ちょっとだけストレスの荷を下ろす」という考え方でいいんですよ。
そういう考えができるようになるだけでも、少し気が楽になる気がしませんか?