たるみ毛穴を解消する正しい洗顔方法

肌がたるむと、毛穴までだらしなく開いて、毛穴が縦型・涙型になってしまう、
いわゆる「たるみ毛穴」が発生します。

 

このたるみ毛穴が黒く見えてしまうと、非常に見た目の印象が悪いんですよね。

 

というわけでここではまず、
「たるみ毛穴の目立ち」を改善させるための洗顔方法をマスターしていきましょう!

 

えっ!?いきなりの洗顔はNG?

クレンジングを洗い流したら、次はすぐに洗顔!という人が多いと思いますが、
実は、この状態では、まだまだ、たるみ毛穴の汚れは落ちにくい状態です。

 

ではどうすればいいかというと・・・
クレンジング後、蒸しタオルを顔にかぶせるか、湯船に入って、湯船のフタは「顔を出す部分」だけ開け、
顔に湯気が集中的にあたるようにするか、どちらかの手段をとるのです。

 

こうすることで、温熱・蒸し効果によって、毛穴に詰まったメイクや皮脂などの脂汚れがやわらかくなり、
洗顔で落としやすくなるのです。

 

間違っても「クレンジングの段階で、毛穴の皮脂汚れも落としてしまおう」と、
ゴシゴシやってはだめですよ。クレンジングの強力な界面活性剤の刺激で、
肌にダメージを与えて、乾燥を招く原因となってしまいます。

 

たるみ毛穴の脂汚れは、「温めることで自然な形で柔らかくし、
刺激をあまり与えずにやさしく洗い流す」というのが一番なのです。

 

泡洗顔と「丁寧で静かなすすぎ」を心がけよう!

蒸しタオルまたは湯気での「たるみ毛穴の蒸らし」が終わったら、いよいよ洗顔。
清潔な洗顔ネットを使って、コシのあるきめ細かい泡を作りましょう。

 

また、粒子の細かい「クレイ(泥)系」の洗顔料の中には、
クレイの細かい粒子による洗い流し効果を最大限に生かすため、事前に泡立てずにそのまま肌につける、
というものがありますが、これはその洗顔料の使用方法に従ってください。

 

洗顔のポイントは、「頬の部分をしつこく洗顔しない」ということです。
まずはもっとも皮脂の多いTゾーンにしっかり泡をなじませてから、次はあご、
そして最後に頬や目の周りを、「短時間でやさしく、泡を肌の上で転がすように」洗顔しましょう。

 

そして、気をつけなければいけないのはすすぎです。
「毛穴の奥まで洗おう」などと考えて、強いシャワーを顔に直接当てるのは絶対にダメ。

 

ふやけた角質がダメージを受けてバリア機能を低下させてしまい、
肌の乾燥によるたるみが発生する原因にもなりかねません。

 

洗顔のすすぎは、洗面器に入れた「体温より少し低い温度のお湯」で、
丁寧に静かにやるのが最大のポイント。

 

もちろん、洗面器のお湯は数回入れ替えて、きれいなお湯ですすぐよう、心がけて下さい。

 

蒸しタオルや湯気でしっかり皮脂などの脂汚れをやわらかくさえしておけば、
すすぎで無理をしなくても、自然と少しずつ、たるみ毛穴の汚れは目立たなくなっていきますよ。

 

あと、洗顔後のタオルの使用にも注意が必要!ごしごしと顔をこするのではなく、
タオルでゆっくりやさしく顔を押さえる、という形で水気を取って下さい。