頭皮と、顔のたるみの関係について

たるみが気になる人というのは、どうしても、顔の肌ばかりを気にしがち。

 

たるみケアのためのスキンケアや顔筋トレーニングを一生懸命やって、
たるみを解消しよう、と考えるでしょう。

 

もちろん、それもたるみ改善に役立つ行為ではあるのですが、
「顔だけ」をいじっていたのでは、実は根本的な解決になりません。

 

顔以外の部分で、顔のたるみに大きくかかわってくる存在のひとつが、頭皮です。
頭皮がたるんでいると、その分、顔の肌も下にさがり、たるんでしまうんですよ。

 

ちょっと頭皮を動かしてみよう!

「頭皮のたるみが、どれだけ顔の肌にたるみの影響を与えているか」というのは、
実際にちょっと頭皮を持ち上げてみると、すぐに分かります。

 

鏡を見ながら、髪の生え際よりちょっと上くらいの位置に指の腹を入れて、
そのまま指の腹で、ぐっと頭皮を上に押し上げてみて下さい。

 

これだけでも、少し目じりが上がり、さらにフェイスラインが多少引き締まる、
というのが目で見て分かると思います。

 

頭皮があまり動かない人は赤信号!?

さて、先ほどの「頭皮を持ち上げてのチェック」をしてみて、
もし「やってみたけど、頭皮がほとんど上に動かなかった」というような結果になった場合は、
あなたの頭皮は赤信号の状態、かなり深刻なたるみが出てしまっている、と言わざるを得ません。

 

指の腹で動かそうとしても、上下にほとんど生え際が動かないような頭皮というのは、
単に頭皮が伸びきっているというだけでなく、
「伸びきった状態のままで固まってしまった」という状態になっているんですよ。

 

 

こんな状態の人は、たるみ改善のために、
顔だけでなく頭皮の弾力を回復させるためのケアもしっかりとする必要があります。
頭皮の弾力の回復なしに、真のたるみ改善はありえません!

 

頭皮の弾力を回復するにはどうしたらいい?

では、頭皮の弾力を回復するにはどうしたらいいかというと・・・
これはズバリ「頭皮の血行を良くする」というのが最大のポイントです。

 

頭皮に流れる血液に、じゅうぶんな酸素と栄養を運んでもらって、
頭皮の細胞を元気にしようというわけですね。

 

ですから頭皮が固く動かなくなっているな、たるみの原因のひとつになっているな、
と感じた人は、頭皮マッサージをしてみるのがおすすめですよ。

 

間違っても、「頭皮が下に向かってたるんでいるんだから、上に引っぱればいい」などと考えて、
髪の毛を上で強くしばったり、手で髪をつかんで上に無理に引っぱったりするようなことは、
してはいけませんよ。

 

これは何の解決にもならないどころか、伸びきった頭皮をさらに無理に伸ばして傷めてしまい、
毛根にまでダメージを与えてしまう、という、最悪の状態を招きかねません。